これからの法律メディアのあり方
 

昨今、インターネット上に投稿されるメディアのあり方が大きく問われています。

2016年末、株式会社DeNA提供の医療系サイト「WELQ」の不正確な記事や著作権法無視のコンテンツ作成が波紋を呼んで以降、まとめサイトやキュレーションサイトを中心に、

・不正確な記事の配信
・著作権法違反の記事

上記のようなコンテンツが大きな問題として取り上げられるようになりました。

加えて、

・Googleのアルゴリズム

が変更されたことも、メディアのあり方に疑問を投げかける傾向を強めました。

Googleによると、Webサイトの品質評価のアルゴリズムを変更することにより、Webサイトに掲載する情報の信憑性よりもSEOを重視するページが、Googleの検索サイトの表示順で下位になるように設定されました。
同社では、今後も継続して品質評価のアルゴリズムを改善していくとしています。
(出典:日経BP社 ITpro)

それゆえ、今後ますます、

「信頼できる、高品質なコンテンツ」

が世の中に求められていくと弊社は考えます。