保育事業コンサルティング
 

弊社の基本的な
コンサルティング方針に
ついて

システムの利用

保育システム等の導入により、保育従事者の負担を軽減し、業務効率化と保育の質の向上を図ります。

売上比例のコンサルティングフィー

保育園の収支が当社の実績と考えています。そのため、コンサルティングフィーは児童の人数に比例して算定します。

申請サポートだけではありません

各種申請のサポートだけではなく、成功事例の共有や業務フローの改善までサポートすることで、保育所全体の健全経営を目指します。

企業主導型保育園事業

企業主導型保育事業は、事業主拠出金を財源として、従業員の多様な働き方に応じた保育を提供する企業等を支援するとともに、待機児童対策に貢献することを目的として、平成28年度に創設されました。建物設置費用の約3/4が助成金で賄われ、運営費用も助成金によって賄われます。

一般的な事業所内保育所とは異なり、地域のお子さんを預かることもできるため、御社の強みを生かしつつ、地域に貢献することができます。

小規模保育事業

0歳~3歳未満児を対象とした6人~19人の少人数保育事業です。「認可保育園の少人数&低年齢バージョン」と思えば分かりやすいかと思います。

開始にあたっては、市区町村で公募等があり、申込要件は市区町村によって異なります。 園児募集を自治体の保育課が行ってくれるため、経営収支は安定する傾向にあります。

園児募集を自治体の保育課が行ってくれるため、経営収支は安定する傾向にあります。

コンサルティング事例


株式会社マタウマリンサービス様
おびすぎ園

株式会社TONARIホールディングス様
いろは保育園

株式会社オフィス桐生様
このはな保育園